野本記念病院TOP
検査部

検査部

検査部では、患者さまの体から採取した検体(血液・尿など)の成分を分析し、臨床側(医師)へ信頼のあるデータを迅速に提供しています。当院では、主に生化学検査・血液検査・一般検査・輸血検査・肺機能検査を行っています。

検査機器

【生化学検査】

採血した血液を検体として自動分析機器を用い、化学的な検査をします。

酵素・電解質・糖や脂質、さらには蛋白質などについて調べています。

【血液検査】

血液検体を血液自動分析装置で測定しています。貧血や白血病などの血液疾患や、炎症の状態がわかる血球数(白血球数・赤血球数など)を測定します。その他に、検査技師の目で白血球や赤血球の形態を顕微鏡で観察する血液像があります。

【一般検査】

尿・糞便の検査を行っています。尿検査は、糖や蛋白、ウロビリノーゲン、潜血反応、pH、ケトン、ビリルビンを定性的に調べたり、遠心分離器にかけて、尿中の有形成分(細胞など)を集め、顕微鏡で観察したりしています。便検査では、糞便中の血液成分(ヘモグロビン)の有無を検査したり、ノロウイルス抗原を調べたりしています。

【輸血検査】

輸血に関する検査として、血液型検査と交差適合試験を行っています。


血液型検査…A型、B型、O型、AB型、Rh陽性・陰性など患者さまに輸血を前提として、どの血液を準備するか判断する検査を行っています。


交差適合試験…輸血を受けられる患者さまの血液と輸血用の血液とを試薬を使用して反応させ、適合するかどうかを判断する最終の検査です。

【肺機能検査】

手術前、健診、肺の病気が考えられる時に行います。肺活量・%肺活量・努力性肺活量・1秒量・1秒率・1回換気量などを調べます。肺の病気の診断、重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の測定にも使用されます。

診療時間

午前 午後
9:00~12:00 13:30~17:00

お問い合せ

089-943-0151

※土・日・祝は休診となります。

※整形外科は午後休診となります。

※救急指定・時間外対応がございます。

救急診療表